スポンサードリンク

風呂釜の掃除のやり方って?使える洗剤や注意点まとめ



お風呂の掃除をした時に、しっかり風呂釜の掃除もしていますか?

せっかく毎日きれいにしていても、風呂釜の掃除を忘れてしまっては意味がありません。

この記事では、

・風呂釜の掃除はどうして必要なの?
・掃除の頻度はどれくらい?
・掃除のやり方は?

など、風呂釜掃除について詳しく解説しています。

風呂釜掃除の参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク



風呂釜の掃除は必要?



風呂釜とは、浴槽とつながっている、お湯を沸かすところです。

新しいお湯を出すのは給湯器と呼ばれます。

給湯器と風呂釜を同じものと思っている方もいますが、実は全く違うものですよ。

給湯器と風呂釜の違いは、追い焚きができるかできないかで分けられます。

風呂釜は、浴槽に溜まった水を沸かしたり、ぬるくなってしまったお風呂を、追い焚きで温かくしてくれる装置です。

浴槽にたまった水を吸い込んで、温めたお湯を吐き出す仕組みになっています。

この風呂釜や、風呂釜と浴槽をつなぐ配管が汚れていると、湯垢が浮いてきたり、お湯が嫌なニオイなる原因に。

風呂釜から出てくる汚れは、人の皮脂や入浴剤・微生物や細菌、黒カビ・サビなど、さまざまなものが混ざっていてとても汚いです。

循環配管には、ヌルヌルとしたぬめり汚れがつきやすく、感染症を引き起こす菌が繁殖しやすくなります。

この菌は、

・レジオネラ菌
・サルモネラ菌
・大腸菌
・O-157菌

など、どの菌も死亡した例があるほど危険な菌が潜んでいます。

特にレジオネラ菌は、空気中の霧状になった菌を吸い込むと、気管や肺の感染症を引き起こす、恐ろしい菌です。

そのままにしておくと、このような菌が繁殖する原因となってしまうので、しっかり掃除をしましょう。

どのくらいの頻度で掃除するべき?

菌や汚れがお湯に混ざらないようにするには、1ヶ月に1回を目安に風呂釜を掃除しましょう。

入浴剤をよく使う方は、汚れが溜まりやすくなるので、しっかりと掃除すると良いですよ。

以下のような場合は、なるべく早く掃除をしてくださいね。

・湯あかが浮いてくる
・白く濁ったお湯になる
・お湯から腐敗臭がする
・キレイなお湯なのにぬるぬるする

汚い湯あかが浮いてくるほど汚れているということは、すでに菌やカビが繁殖してしまっているかもしれません。

風呂釜の種類をチェック



風呂釜には、それぞれ種類があります。

強制循環タイプと、自然循環タイプと呼ばれていますが、どう違うのでしょうか?

自宅の風呂釜がどちらのタイプか確認してみてくださいね。

風呂釜のタイプによって、汚れる早さも違います。

風呂釜掃除の目安にしましょう。

1:1つ穴タイプ

新しいお風呂に多いのが、強制循環タイプとよばれる、1つ穴タイプの風呂釜です。

風呂釜の中にあるポンプで、1つの穴から水を吸い込み、お湯を吐き出します。

1つの穴を使ってポンプで水を循環させるので、配管を流れる水のスピードが早く、比較的汚れが溜まりにくいです。

2ヶ月に1回程度の掃除でキレイに保てます。

2:2つ穴タイプ

2つ穴タイプの風呂釜は、自然循環タイプと呼ばれていて、古いお風呂に多いタイプです。

下の穴から冷たい水を吸い込んで、上の穴から温かいお湯を出します。

水とお湯を自然に循環させて、温かいお湯を沸かす仕組みです。

配管を流れる水のスピードが遅く、配管に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

月に1回、掃除をしましょう。

風呂釜掃除に使える洗剤は?



風呂釜掃除をする際は、風呂釜専用の洗剤を使いましょう。

酸素系漂白剤や、過酸化ナトリウムが主成分の洗剤が多いようです。

同じ酸素系漂白剤のオキシクリーンや、重曹でも掃除することができますよ。

オキシクリーンや重曹を持っている方は、そちらを使って掃除するのも良いでしょう。

ただし、重曹は、専用洗剤ほど洗浄力が強くないので、普段のお手入れとして使うようにすると良いですよ。

もちろん塩素系の洗剤も使用できます。

塩素系漂白剤は、洗浄力が高いですが取り扱いに気をつけましょう。

風呂釜掃除のやり方



風呂釜の掃除方法は、タイプによって変わります。

1つ穴タイプと、2つ穴タイプでは、掃除のやり方やかかる時間が違うのでチェックしてみてくださいね。

浴槽に溜まった残り湯での方法と、掃除に必要な道具も紹介しています。

1:1つ穴タイプの掃除のやり方

まずは、1つ穴タイプの風呂釜を掃除する方法です。

必要なもの】
・風呂釜掃除に使用できる洗剤
・水
・ホース(なければシャワー)

 

 

1、穴から5センチ以上の高さまで水を溜める。
お風呂の残り湯が入っている時は、入浴剤を使っていない残り湯であれば使えます。

2、市販の洗剤を、規定の量入れる。
酸素系漂白剤・過酸化ナトリウムを使用する場合、250グラムほど入れましょう。

3、温度を40度以上に設定し、追い焚きをする。
残り湯を使用する際、温かいお湯では追い焚きが十分にできず、しっかりと洗浄ができません。
浴槽のお湯が冷めるまで待ってからにしましょう。

4、3〜4時間そのままの状態で置いておき、再度追い焚きをした後、浴槽のお湯を抜く。

5、ホース(なければシャワー)を、穴にあてて中を洗う。
この時、なるべく水の勢いを強くしておくと、水圧で汚れがはがれ落ちます。

最後に、3〜5分ほど給湯をして、風呂釜の中から汚れた水を出して終了です。

洗剤を入れて追い焚きをする時に、桶やイスを入れておくと一緒に汚れが落ちてキレイになりますよ。

2:2つ穴タイプの掃除のやり方

続いて、2つ穴タイプの風呂釜を掃除する方法です。

必要なもの】
・風呂釜掃除に使用できる洗剤
・古くなったタオルや雑巾
・水
・ホース(なければシャワー)

 

 

1、2つある穴のうち、下の穴に雑巾や古いタオルを詰めてふさぐ。

2、ふさいでない上の穴に、市販の洗剤を規定の量入れる。
酸素系漂白剤・過酸化ナトリウムの場合は、50グラム程度入れましょう。

3、洗剤を入れた上の穴に、50度以上のお湯を入れて、あふれ出たら止める。
酸素系漂白剤は、温度が高い方が洗浄力があがります。

4、1〜2時間経ったら、下の穴をふさいでいたタオルや雑巾を外し、下の穴から上の穴にホース(なければシャワー)で勢いよく水を流す。

湯あかが全部出たらおしまいです。

掃除のときに気をつけること



風呂釜掃除をする際、気をつけるポイントがいくつかあります。

以下も合わせて確認してみましょう。

1:使えないお風呂の種類

ヒノキのような、木でできているお風呂は、漂白剤を吸収してしまう可能性があります。

大理石なども、漂白剤を使うと変色してしまうことがあるので、注意しましょう。

2:初めての風呂釜掃除

同じところに何年も住んでいるけど、一度も風呂釜掃除をしたことがない…という方は、相当な汚れが溜まっているかもしれません。

市販の洗剤や、酸素系漂白剤では落としきれない汚れが溜まっている場合、一度業者に依頼してキレイにしてもらいましょう。

お風呂掃除をメインとしている業者でも、風呂釜掃除はオプションだったりします。

依頼する前に、風呂釜の掃除をしてもらえるか、確認してみてくださいね。

3:作業中に注意すること

風呂釜掃除は、洗剤を必ず使いますよね。

酸素系の洗剤であれば、塩素系の洗剤ほど影響はありませんが、念のため、換気をしておくと安心です。

塩素系の洗剤を使って掃除する場合は、必ず換気をし、目や口に入ると危険なので、手袋やマスクなども必ず装着しましょう。

そして、酸素系漂白剤を使って掃除した際に、思ったよりも汚れが出てこないからと塩素系洗剤を同時に使うのは、絶対にしてはいけません。

塩素系洗剤と酸素系洗剤が混ざると、有毒な塩素ガスが発生します。

風呂釜掃除は正しいやり方で衛生的に♪



風呂釜掃除は、風呂釜のタイプによってやり方が違います。

自宅の風呂釜に合わせた掃除方法で、キレイにしましょう。

月に1回、お休みの日にやるのも良いですね。

小さな子供や妊婦さんは免疫力が低く、病気にかかりやすいので、しっかり菌や汚れを取り除きましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す