スポンサードリンク

妊娠中の頭痛が治らない…原因と対処法は?

2017y07m23d_221549713

妊娠中に頭痛を経験したことがある方は、結構いるのではないでしょうか。

私も妊娠中に頭痛を経験しましたが、頭痛はつらいものでなかなか治りませんでした。

そこで今回は、
妊娠中に起こる頭痛の原因と頭痛が起きた時の対処方法をご紹介してみたいと思います!

スポンサードリンク



妊娠中に起こる頭痛の種類とは?

頭痛の種類には、2種類あります。

  • 偏頭痛
  • 緊張型頭痛

大きく分けるとこの2つが妊娠中の頭痛になります。

偏頭痛は、ホルモンバランスが崩れることにより起こります。

女性ホルモンの分泌量が多くなるため脳の血管が広がりなり、偏頭痛が起こります。

この偏頭痛は
なかなか治らないんですね。

次に緊張型頭痛ですが、
緊張型頭痛の場合は、血行不良が原因により肩や首が凝ります。

その為に、頭痛が起こってしまうというわけです。

妊娠中の頭痛の対処方法は?

では、どうすれば対処できるのかというと根本の解決がまず必要となります。

妊娠中は、薬を飲んでしまうと赤ちゃんに影響が出てしまうため飲めません。

偏頭痛が起きてなかなか治らないという場合には、頭を休めることで改善されることがあります。

また効果的なのは、カフェインを摂取することです。

血管収縮する効果があるため、偏頭痛対策には効果的です。

妊娠中にカフェインを摂ることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、一日に1杯、2杯のコーヒーなどを飲んだくらいではおなかの赤ちゃんに影響はないとされているので

なかなか治らない頭痛にお悩みでしたらぜひ試してみてください。
一方の緊張型頭痛は、
肩こり等が関係しているためリラックスすることが大切です。

さらに、血流をよくするように心がけましょう。

その為には、冷え性の改善が必要となります。

身体を冷やさず温めるような食事や飲み物を積極的にとるようにしましょう。

マタニティ―ヨガを行ったりすることで、リラックスし肩こり解消することをお勧めします。

頭痛の原因を知って対処を。

辛い頭痛をなんとかしたいと思ったら
頭痛が起こる原因が何なのかをまず知ることが必要です。

偏頭痛や緊張性頭痛でない場合
妊娠高血圧症候群による頭痛があります。

この症状は、
妊娠中だけ高血圧になるものですのでそこまでは心配はありません。

しかし、血圧が高いと色々なリスクは起こすため注意が必要です。

定期検診をきちんと受けていればきちんと指導してくれます。

いつも以上に妊娠中は注意をし健康に気をつけましょう。

スポンサードリンク



 

コメントを残す