スポンサードリンク

抱っこ紐のよだれカバーは必要?選ぶポイントとオススメ6選!

298de625a5c958b6a096a9b0bd185eb3_s

抱っこ紐の肩紐の部分を赤ちゃんが口にしたり、よだれが付いたりして汚れていませんか?

抱っこ紐を洗うのって大変ですよね。
汚れを防ぐための便利アイテムは「よだれカバー」がオススメです。
今回は、よだれカバーを選ぶポイントオススメ商品をご紹介します。

スポンサードリンク



抱っこ紐のよだれカバーは必要?

79dadb2be3a63ef07c3193e1f35a4678_s

赤ちゃんの個人差にもよりますが、歯が生え始める生後6ヶ月頃からよだれが出始めます。

また、物などを口に加える事が大好きな赤ちゃんは、抱っこ紐の肩紐は最適な位置にあるため、はむはむとかじったり、なめたりして抱っこ紐はベタベタです。

抱っこ紐を洗っても乾くまでに時間がかかり、その間抱っこ紐は使えません。
よだれカバーがあると、その手間が減ります。

清潔を保つためや、赤ちゃんの肌の摩擦を避けるためにも、よだれカバーは必要です。

何枚くらい必要?

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

だいたい2セット~3セットあるといいでしょう。

衛生面を考えて1日1回は取り替えますが、汚れがひどい時は1日に2回以上は取り替えが必要になります。

外出する時に1セット持ち運ぶと突然の吐き戻しがあった時に替えられるので安心です。

選び方のポイントは?

a60b12872b2cccc9fa6e3de3a30bf90d_s

抱っこ紐の汚れを防いでくれるよだれカバーの選び方のポイントを見ていきましょう。

1:素材は赤ちゃんの肌に合うもの

赤っちゃんの肌はとてもデリケートです。
抱っこ紐の丈夫な肩紐部分に顔が近いので、動いたり、なめていたりすると摩擦が起こります。
摩擦を防ぐために、ダブルガーゼ地やタオル地がオススメです。

特にダブルガーゼは吸水性に優れていて、柔らかくて口に加えても安心ですね。

他にも、洗う回数が多いので、洗濯に強い素材のよだれカバーを選ぶと良いでしょう。

2:留め具を確認

よだれカバーの留め具はスナップボタンまたはマジックテープがあります。

スナップボタンはマジックテープの様に微調整が出来ませんが、しっかり止まるのでズレてしまう心配がありません。

また、何度洗っても耐久性が強いところがオススメです。

マジックテープは洗濯するとだんだんとヨレてしまったり、ほこりなどが付きやすいですが、太めの肩紐や細目の肩紐に調節ができて取外しが簡単なところがオススメです。

3:デザインや色はパパにも確認

抱っこ紐はパパも使いますね。

個人差はあると思いますが、デザインがパパ好みではなかったり、パパのファッションに合わない時はせっかくの汚れ防止や肌を守る為のよだれカバーを外しかねません。

ママとパパが好むデザインや色が二パターンあるといいですね。

他には、リバーシブルのデザインもあるので、その時の気分に合わせて選ぶのもいいでしょう。

オススメの抱っこ紐用よだれカバー

874ef1cd3f5b388dc7f7694728dd6f70_s

よだれカバーはいろいろなデザインや素材があるので、選ぶのに悩みますね。

では、特徴も含めてオススメの抱っこ紐用よだれカバーをご紹介します。

1:BUDDYBUDDY二重ガーゼよだれカバー



日本製の綿100%で表地は二重ガーゼの仕上がりです。

裏地はワッフル地で柔らかく、抱っこ紐の摩擦から赤ちゃんの肌を守ります。

スナップボタン式なので、ズレにくいですよ。

>>詳細はこちら<<

2:ペクチュール よだれカバー



コットンダブルガーゼ100%の素材で、内布はナイロン100%です。

抱っこ紐によだれが付かないように防水シートを挟んでいるので、汚れる心配がありません。

マジックテープなので装着が簡単です。

>>詳細はこちら<<

3:今治タオル よだれカバー



日本製の綿100%の素材を使用しています。

吸収性が高く、毎日お洗濯しても柔らかさが変わりません。

>>詳細はこちら<<

4:SCANDINAVIAN PATTERN COLLECTION 6重ガーゼよだれカバー



日本製の綿100%の表地が6重ガーゼなのでとても柔らかく、摩擦から赤ちゃんお肌を守ります。

洗うたびに柔らかさが増して、肌さわりが優しいです。

留め具はスナップボタンなので、しっかり取り付けられます。

>>詳細はこちら<<

5:日本エイテックス カドリー 抱っこ紐よだれカバー



表地は天然の速乾効果のあるダブルガーゼです。

裏地をナイロン素材にすることで吸収したよだれや水分を通しにくくしていて、抱っこ紐の汚れを防ぎます。

>>詳細はこちら<<

6:STSHELL 6重ガーゼ よだれカバー



スナップボタンが滑らかなので赤ちゃんの肌を傷つけないので安心です。

吸湿速乾があり、さらっとした肌触りで赤ちゃんの肌を守ります。

>>詳細はこちら<<

よだれカバーを使って抱っこ紐を衛生的に!

a2557357a20a1f7a7dc0c6db845d489e_s

よだれカバーがあると抱っこ紐の汚れる頻度がかなり低くなるため、頻繁に洗えない抱っこ紐を清潔に保ち、傷みにくくなります。

デリケートな赤ちゃんの肌を摩擦から守り、数枚持っていた方が清潔感を保てる事が分かりますね。

スポンサードリンク



コメントを残す