スポンサードリンク

お食い初めの料理って何を用意する?並べ方や手順は?



赤ちゃんが生まれてからの1年間は、いろいろな行事が続きます。

中でもお食い初めは、準備するものや手順などしっかり把握しておきたい方も多いでしょう。

この記事では、お食い初めについてまとめました

必要なものや料理、手順なども紹介します。

スポンサードリンク



お食い初めとは?



お食い初めとは、赤ちゃんが生後100日をすぎた頃に、「一生食べ物に困らないように」と願いを込め、料理を食べさせてあげる儀式です。

この時期の赤ちゃんは、まだ料理が食べられないので、食べさせる真似をします。

お食い初めの儀式は、平安時代から伝わるもので、箸祝いやお箸初め、百日祝いと呼ばれることもあるでしょう。

地域によっては、お食い初めの風習が異なるところもあるので、ご自身の地域ではどのように行われているのかもチェックしておきましょう!

お食い初めに必要な道具は?



お食い初めには、料理以外にも準備するものがあります。

必要な道具を以下にまとめました。

祝い箸

赤ちゃんに料理を食べさせる(真似をする)ときに使う箸です。

両端が細くなっている、柳の白木箸を用意しましょう。

お宮参りの際に、神社から授けてくれる場合もありますよ。

なければ、赤ちゃん用品店やデパートなどで手に入れましょう。

祝い膳

お食い初めの料理を入れる食器です。

男の子には朱塗りの漆器を用意し、女の子には外側が黒の漆塗りで内側に朱色の漆塗りの漆器を用意します。

また、男の子用の祝い膳は将来あぐらをかいて座ることから膳の足の高さは低く、女の子用は将来正座をして座ることから足が高いものと言われています。

歯固めの石

丈夫な歯が生えるようにと意味を込めて、熱湯消毒をして乾燥させた小石を、御膳に1~2個添えます。

お宮参りの際にいただけるところもありますが、なければお宮参りをした神社の境内で小石を探しましょう。

お食い初め後には、神社に小石をお返ししたり、へその緒と一緒に保管している方もいるようです。

しわができるまで長生きできるようにと、梅干しを添えることもあります。

漆器以外の食器もあり



お食い初めは、一生に一度しかないお祝い事です。

ただ、一度しか使わないものにお金をかけることに躊躇されている方もいるでしょう。

最近は高価な漆器にこだわらずに、代用品で工夫されている方も多いんですよ。

いくつか例を紹介しますね。

長く使えるものを買おう

離乳食を始めることを見据えて、木製の食器や実用性のあるレンジや、オーブン対応の食器を使用している方が増えてきました。

中には、色にこだわらずにキャラクターもので統一する人もいるようです。

100均を利用する

100円ショップをうまく活用して、食器類をまとめ買いしている方もいます。

模様やシリーズでそろえて統一感を出せるので、金額をおさえたい方にはオススメです。

レンタルを利用する

購入するほどでもないけど、せっかくなら形式的なお食い初めにしたいと考えている方もいるでしょう。

最近は、お食い初め用食器のレンタルサービスを提供している会社もあるので、自宅できちんとお祝いしたい方にオススメです。

レンタルする際は、レンタル期間や送料などをしっかり確認してから注文しましょう。

お食い初めに必要な料理



お食い初め膳には、海の幸や山の幸を盛り込んだ料理を5品用意するのが基本セットです。

どのような料理を用意すればいいのか、具体例を見ていきましょう。

お食い初めの料理の中でも、際立って目立つのが鯛でしょう。

めでたいという意味はもちろん、「最初から最後まで(寿命を)まっとうする」首尾一貫という意味も込められています。

鯛を用意する場合は、自宅のグリルに入るくらいの大きさのものを準備しておくと、調理もしやすいでしょう。するといいでしょう。

赤飯

赤飯も、お祝いの席では欠かせない料理の一つです。

赤飯の赤い色には、邪気を祓う力があるといわれており、「赤ちゃんが元気に成長しますように」という願いが込められています。

お吸い物

蛤や鯛、筍、松茸などの季節の物を具材にするといいでしょう。

花麩を添えてあげると、彩りも良くなりますよ。

蛤には、「良き伴侶に恵まれますように」と願いが込められています。

煮もの

煮物は筑前煮をイメージして用意するといいでしょう。

煮物の具材には、人参、大根、かぼちゃ、椎茸、里芋、レンコンなどがあります。

具材にはそれぞれ、以下のような意味があるので、合わせてチェックしておきましょう。

人参と大根:紅白
かぼちゃと椎茸:亀の甲羅型に飾り切り長寿を願う
里芋:子宝に恵まれる
レンコン:先を見通せる

香の物

香の物には、長寿という意味が込められています。

漬物の野菜はどんなものでも構いませんが、そのときの旬の野菜や地域の名産品を選んでいる方が多いようです。

キュウリやナスなどの、定番の漬物を用意してもいいでしょう。

中には、縁起の良い紅白なますや、たこの酢の物などを香の物の代わりに用意されることもあります。

通販や宅配を利用するという方法も



お食い初め膳の料理をすべて手作りしてもいいですが、子育てや準備で当日バタバタすることも考えられます。

無理に手作りするのではなく、通販や宅配をうまく利用するのもオススメです。

自宅まで配送してくれるサービスもあるので、忙しいママや料理が苦手なママは利用してみましょう。

食器の並べ方は?



食器の並べ方は、地域や家庭によっても違いがありますが、ここでは基本的なお食い初め料理の並べ方を確認しておきましょう。

手前側の左下に飯碗(赤飯)、右下に汁椀(お吸い物)、左奥に平碗(煮もの)、右奥につぼ碗(香の物)、中央に高杯(歯固め石と梅干し)を並べます。

平皿(鯛)はお膳の外におきましょう。

このセットに、祝い箸を添えて完成です。

お食い初めの手順って?



お食い初めの儀式は、赤ちゃんに料理を食べさせる順番があります。

赤飯→お吸い物、赤飯→鯛、赤飯→お吸い物、赤飯→煮もの、赤飯→お吸い物、赤飯→香の物の順番で、赤飯とお吸い物の間にそのほかの料理を挟んで食べさせる真似をしましょう。

この順番を3セット繰り返しおこなってから、次に歯固めの儀式に入ります。

歯固めの石にお箸を軽くあててから、「石のように丈夫な歯が生えますように」と願いを込めて、お箸を赤ちゃんの歯茎に優しくちょんちょんとあててくださいね。

歯固めの儀式のあとに、赤飯→お吸い物→赤飯と繰り返してすべての儀式は終了です!

儀式が終わったタイミングで、記念に写真を撮るのもオススメですよ

養い親に食べさせてもらおう



お食い初めの儀式は養い親がおこないます。

養い親と聞くと、赤ちゃんのママとパパを想像しがちですが、参加している親族の中で1番長寿の方にお願いしましょう。

赤ちゃんが男の子なら男性の年長者、女の子なら女性の年長者が赤ちゃんを抱っこして儀式をおこないます。

住んでいる地域の関係などが理由で、ママとパパ、赤ちゃんでお食い初めをする方も多いでしょう。

その場合は、子供の性別に関係なくパパが儀式をおこなってあげます。

儀式が終わり、落ち着いたら用意したお料理は大人で食べてくださいね。

ライフスタイルに合わせたお食い初めを♪



堅苦しく考えがちなお食い初めですが、最近はしきたりにこだわらずにお祝いをしている人が多いようです。

食器は100均やレンタルを使ったり、料理は宅配を利用するなどそれぞれの家庭にあったスタイルでお祝いしてみるのも一つの方法ですね。

ぜひ、記念に残るイベントにしてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す