スポンサードリンク

「幼稚園に行きたくない」と年中泣いていた娘への対応とその後



幼稚園に入園したばかりの頃。
「幼稚園に行きたくない」「休みたい」と子どもが泣いて困った経験はありませんか?

今回は入園してから、1年中泣いていたうちの子のケースをお話しします。

スポンサードリンク



毎朝子供に「幼稚園に行きたくない」と大泣きされるのは、本当にしんどいものです。

入園したばかりの頃は、バスの中で泣いている子も何人かいるものの、入園1ヶ月も過ぎると、ほとんど泣く子もいなくなってきます。

ところが…。うちの娘は1年間泣き続けました

入園してから毎朝泣き続ける娘



入園前は、娘も幼稚園に行くのをすごく楽しみにしていました。

自主的に幼稚園バスに乗る練習をしたり、挨拶の練習をしたりしていて…。

 

初めて幼稚園バスに乗った日は、元気よく笑顔でバスに乗っていきました。
泣くようになったのは、その次の朝から。

 

登園後も幼稚園でずっと泣き続けていたようで、帰ってきてからも浮かない顔をしていました。

当時3歳の娘に「どうしたの?」と聞いてもはっきりした答えはなく…。

あとでわかったのですが、幼稚園の集団生活が娘の想像していたものとかなり違っていたようなんです。

娘は、幼稚園に行けば「たくさん遊べる」と思って楽しみにしていたけど、

実際は、自分の好きなように遊べない

たとえばブロックで遊びたいのに、みんなで手遊びをしなくてはいけない
というような繰り返しが「幼稚園いやだ」に繋がってしまったようです。

 

はじめてのママがいない環境も、人見知りの娘の幼稚園に行きたくないという気持ちに拍車をかけていたと思います。

 

娘の大泣きにつられて、周りの子も泣き出すという悪循環でした。

先生にも周りの子にも迷惑をかけているという思いと、こんなに大泣きしてる娘を無理やり幼稚園に通わせることが正しいのかという葛藤もあり、娘を休ませようかとも悩みました。

それでも先生は、「体調がいいのであれば、登園させてください。」といってくださったので、私は泣きながらしがみつく娘を引き離して毎朝バスに放り込みました。

 

正直、今思い出すと笑ってしまうくらい滑稽な光景だったかも。

ただ当時は私も必死で、涙をこらえて心を鬼にして娘をバスに乗せていました。

 

1学期が終わる頃には泣くことも少なくなり、泣いたとしてもちょっとぐずる程度になったんです。

幼稚園でも、お友達と遊んだり楽しく過ごしているようで私としても、ちょっとだけ安心していました。

夏休み明けに再発!「幼稚園に行きたくない…」



夏休みが明けてすぐに娘が手足口病になってしまいました。

2日間幼稚園を休ませた後登園させたものの、朝「幼稚園行きたくない…」と言って泣くんです。

まだ調子がわるいのか?
休みが続いて甘えがでてるのか?

元気はあったので、だましだましバスにのせるとその日は元気よく帰宅。

(よかった、心配することなかった!ちょっと気まぐれだったのかな?)と思って安心したものの、夕方になるとまた「明日幼稚園行きたくない」「幼稚園やめたい…」と言い出すんです。

 

なにか嫌なことがあったのか…。
休み明けだから甘えが出てるのか…。
もしかして、いじめ!?

なんて、想像ばかりが膨らむばかりで。

 

先生からの連絡帳にも、いつもと変わらず元気に遊んでいたと書かれていたのでどうするべきか悩んだのですが…。

幼稚園に行きたくない理由とは…



「どうしたの?嫌なことがあったの?」と聞くと、娘から帰ってきた答えは

「給食が嫌だ」
「お勉強が嫌だ」
「遊ぶのも楽しくない」
「ママと一緒にいたい」

などなど…
いろんな理由がでてくるでてくる(汗)


幼稚園に行くのがいやになったから、
適当な理由を並べてるのかな?とも思ったけど、よく話を聞いてみると

「給食がいやだ」
→口内炎が治りきっていないので食べることに不安があった。

「お勉強が嫌だ」
→お勉強の時間にやった形合わせが上手くできなかった。

「遊ぶのも楽しくない」
→仲のいいお友達が休みだった。

「ママと一緒にいたい」
→不安と甘え。

こんな感じでいろいろな要素が合わさってしまって「幼稚園に行きたくない!」
と、なってしまったようです。

大人にしてみれば「それくらい」と思ってしまいますが、娘にとっては大変な事件が重なっていたということですね。

先生のお話でも、幼稚園にいけば普通にすごしているようなので、変に休ませるより無理矢理でも登園させたほうがいいと判断して、朝は大泣きしていてもバスにのせました。

【親の対応】こんなこと試していました!



すっかり入園当初の時のような大泣きに戻ってしまったので、私なりに娘が元気に登園できるようにいろいろ試していたんですよ一応。

その一例がこちら。

その1「頑張って幼稚園に行けたら、帰ってきてから好きなお菓子を買いに行こう」
→全然効果なし。

その2「幼稚園いく前におやつ食べて元気出そうか~!」
→おやつだけ食べてあとは大泣き。

その3「バスがいやなら車で行ってみる~?特別に送ってあげる♪」
→幼稚園の玄関で大泣き。

「嫌なことがあるからといって休んではいけない」
「できないことがあるなら
できるようにがんばらなければ」

などなど…
娘に言ってやりたいことはたくさんありました。

でも、くどくどと説明するより何食わぬ顔で送り迎えしてる方がいいのではないかと思って、無理やりバスに乗せてにこにこしながら見送りました。

 

本人的にも頑張ろうという気持ちはあるようで、幼稚園から帰ってきたときは元気に「明日は泣かないでいけるよ!」

なんて言うんですが、朝になると急に不安になるようです。

 

そんなこんなで、火曜・水曜・木曜・金曜と大泣きしながらも無理やり幼稚園に行かせました。

土曜、日曜と休んだら余計に「行きたくない」と言い出すんじゃないかと心配でしたが、月曜日になるとケロっとしてバスにのっていきました。

何がきっかけだったのかわからないけど、娘の中でスイッチが切り替わったようです。

 

それから、娘なりの何かがきっかけで「行きたくない」とぐずりだしたり、

かと思えば、ニコニコとバスに乗ったりを繰り返して、ちゃんと登園できるようになったのは3学期の終わりごろだったと思います。

 

1年を過ぎてからは、ほとんど泣くこともなくなり娘は、無事卒園しました。

 

下の子の幼稚園生活を含めて、私も幼稚園ママ6年目になりますが、はっきり言って、娘ほど大泣きしている園児を今まで見たことがありません…(汗)

それでも小学生になった娘は今、元気いっぱい小学校に通っています。

 

無理やり行かせた私の対応が正しいのか間違ってたのかはわかりません。

 

私の知り合いで、子供が「幼稚園に行きたくない」といいだしたので、「気が済むまで休ませた」というお母さんもいます。

その子は、半年間休んだあと自分から「幼稚園に行く」と言い出したそうです。

半年間だまって見守ることができるその余裕は素晴らしいですよね。
私だったら不安で耐えられないかも。

 

子供の性格や状況によっても対応はちがうでしょう。

 

ホント子育てって、何が正解なのかわからないものですね。
毎日手探りで悪戦苦闘、試行錯誤…。

「正しい子育ての方法」なんてマニュアルがあったらどれほど楽でしょうね。

スポンサードリンク



コメントを残す