スポンサードリンク

七五三の髪飾りや小物の意味って?選び方のポイントは?

563f1c18a9dbd0b0ea34eb3c2c13913c_s

七五三で着る着物は決まったけれど、「髪飾りはどうしよう」と、悩んでいませんか?

髪飾りには、たくさんの種類がありますが、馴染みのない飾りも多いために、どれを選んでいいのかわからないという人も多いようです。

着物だけでなく、身につける小物にも、それぞれ意味があります。

ここでは女の子の必須アイテムの髪飾りについて、意味や選び方のポイントをお伝えします。

スポンサードリンク


七五三の髪飾りの意味は?どうやって使うの?

5a16a228ce96c14a909b2231c2fec918_s

七五三の時に女の子が使う髪飾りに、意味があるのを知っていますか?

ここでは、七五三の時に使う髪飾りの種類や使い方とともに、その意味合いについても説明していきます。

つまみ細工

つまみ細工とは、江戸時代に使われていた伝統工芸の技法の一つです。
生地をつまんでお花のように作ることから、この名前でよばれています。

江戸時代に舞妓さんのおしゃれアイテムとして、つまみ細工のかんざしが愛用されてきました。

和装に合う髪飾りの代表的存在で、東京都指定の伝統工芸です。

つまみ方によってお花の形も変わり、花びらの外が丸いと「丸つまみ」、つんととがっているのは「剣つまみ」と呼びます。これらを組み合わせて、花や鳥を作る伝統技法です。

昔は、正絹の布で作られた贅沢なものとして禁止令が出たこともあります。
ちりめんの端切れで作ることもできます。

かのこ

後髪に付ける髪飾りを、かのこと言います。
漢字にすると「鹿の子」と書きます。

着物を染める技法である、絞り染めのひとつがかのこです。
鹿の背中に見られる、まだら模様に似ていることから、鹿の子絞りと呼ばれています。

鹿は古来から神の使いと考えられ、子どもの成長を祝う縁起物として身につけたのが始まりです。

日本髪を結う時に、結び目を隠すために使われていました。

袋状の紐で、リボンのように結べるようになっており、子どもにも簡単に付けられるので好まれていました。

日本髪を結うのは時間も負担もかかるので、少しでも簡単にかわいく仕上げたいという、昔の人の知恵からきているのでしょう。

あらかじめかのこを結んで、両端にピンを付け後髪に留めます。日本髪の時に使われます。

ちんころ

前髪に付ける髪飾りは、ちんころと言います。

日本髪は前髪を立てて元結(もっとい)で留めます。留めてあるところを隠すために、布をかけていました。若い女の子達に、その布として絞りなどのはぎれがよく使われていたそうです。

また、狆という日本が原産の小型犬の名前の由来が関係しているとも考えられています。ちんころの意味の中に「小さなかわいい犬」とあるのです。

小さな女の子が日本髪を結わえた姿は「小さなかわいい…」という意味に合いますね。

かんざし

かんざしは、女の人が髪を結わえる時に付ける日本伝統の髪飾りです。

始まりは縄文時代にものぼり、髪に刺すことで魔除けやお守りの意味があるとされていました。安土桃山時代以降、女性の美の必需品として重宝されてきました。

和装の時に欠かせないアイテムの一つです。

かんざしにも色々種類があり、一本刺しや三味線のバチのようになっていて足が二本のもあります。

つまみ細工をほどこしたかんざしは、和装にぴったりの髪飾りです。
基本の作り方を元に、アレンジを加えて作られたものもあります。

着物に合うつまみ細工のかんざしは、モダンな感じを引き出すアイテムになりそうです。

髪飾りを選ぶポイント

612e5c325391183f9186c8223600393e_s

どの髪飾りを選ぶかによって、与える印象や髪型にも大きく影響するでしょう。

子どもに似合う髪飾りを見つけるために、ここでは髪飾りを選ぶときのポイントをお伝えします。

髪の長さや髪質に合わせる

髪飾りは着物と同じくらい重要ですが、自分の子どもの髪型髪質に合わせて作ることができます。

もちろん髪型髪質によっては出来ないヘアスタイルもあるでしょう。
今も根強い人気があるのは日本髪ですが、毛量と長さがある程度必要です。七五三まで伸ばして挑戦してみるのもいいですね。

毛量の少ない薄毛さんの三歳児にもできる日本髪もあります。前髪が鼻先まであると、上げる日本髪もできます。もちろん下ろした日本髪もできるのでそれもまたかわいいです。

ボブスタイルも、編み込みで土台を作れば髪飾りも付けられます。カールを付けることで、髪型の変化も生まれます。

薄毛であったり、髪質によっては髪飾りがうまく留まらない事があります。飾りを付けたい場所に編み込みや三つ編みや逆毛を立てると土台になります。土台をしっかり作れば、どんな髪飾りも使うことができます。

衣装に合わせる

髪飾りは、着る物の色やイメージに合わせると、より髪型を引き立てます。

レトロな柄の衣装の場合は、髪型を日本髪ではなくシニヨンなどにして、髪型もレトロにしてみるのもいいでしょう。髪飾りも大ぶりで、目立たせるものを選ぶとよりレトロな印象をあたえます。

デザインや材質によっては、和装だけでなく色々なシーンで使うことができます。色違いで小ぶりのものは、洋装に合わせやすくなります。

和装にカチューシャもあり?

カチューシャは洋装のイメージがありますが、和装にも合うつまみ細工などをほどこされたカチューシャもあります。

ボブスタイルなどの、短い髪型を生かしたい方におすすめです。

土台を作ることが難しい髪型や、髪質もカチューシャを付けることでハイカラな印象を与えます。

飾りが大きめのものを選ぶと、カチューシャの存在感も上がり華やかな印象になります。

どこで買えるの?

2b222f59d20bca79cf16d9fa42575a97_s

様々な髪飾りがありますが、どこで買うかというと方法はいくつかあります。

呉服屋さんに置いてある場合もありますし、デパートにも置いてあります。
呉服屋さんだと数が少なかったり、種類が限られているかもしれません。

そんな時は楽天やYahoo!、お下がりでもいい場合はフリマアプリなどのネットで探すのも一つの方法です。写真や使用例なども載っていたりしてわかりやすくなっています。またセット売りだとちんころ、かのこ、かんざし、櫛など揃っていてとても便利です。

周りと違ったものを付けたいと考えている場合は、それぞれの特色を出しているネットショップがおすすめです。

また美容院で着付けと髪型をセットしてもらう場合、髪型に合った髪飾りを販売しているところもあります。一度着付けをしてもらうお店に確認してみましょう。

写真スタジオで写真を撮ってからお参りという場合は、写真屋さんで髪型も作るので選ぶ手間が省けるかもしれません。

レンタルや手作りという方法もあり!

0aa3b8afd32bb440f647fdae580afc84_s

一度きりのために買うのはちょっとためらわれるという場合、はレンタルもおすすめです。かんざし単品でレンタルできるお店もありますし、着物とセットでレンタルし低価格で借りられるお店が豊富です。
着付けや髪型をセットしてくれる美容院でもレンタルできる場合があるので、相談してみるのもいいでしょう。

一生に一度の晴れ姿、手作りをして家族の思い出のかけらを増やすこともできます。つまみ細工などは手間がかかりますが手作りすることができます。

百均で材料をそろえて作ることもできます。ウィッグや造花の花、ピン留めバレッタなどを買い揃えてその人らしいのを作るのもいいですね。

ちりめん端切れも売られているので、好きな色好きな形の髪飾りを作ってみるのはどうでしょう。

伝統あるつまみ細工を簡単に作れる作り方をご紹介します。

【材料】
木工用ボンド
ボンド台
ちりめん端切れ (5㎝角の正方形にカットしておく)
フェルト(土台用 直径2.5㎝)
ピンセット
つまようじ
ピン留め、バレッタ、クリップなど
お花の中心に入れたい飾り(ビーズなど)
お手拭き
【作り方】
1.布のふちにボンドをつけ布を下から三角に折ってはりつける。
2.花びらの内側にくる布を少しずらしてはりあわせる。
3.重ねた三角を上から下へ三角に折る。
4.上の角にボンドを付け下から両サイドに折ってくっつて花びら一つ完成。
5.同じように花びらの数を作る。
6.土台に花びらを貼り付ける。
7.お花の中心にビーズなどの飾りを付ける。
8.ピン留めなどにお花を付けたら完成。

こうして簡単に髪飾りを作ることもできます。
つまみ細工ではなく造花を土台に付けると、和装だけでなく洋装にも使えます。

まとめ

eac50f2e44f5ffd28d155ff467668ae8_s

七五三は、子どもの成長を祝う日本伝統のお祝いごとです。お参りするだけでなく髪飾り一つにも意味や思いが込められ今日まで伝えられてきました。

成長により着物の着こなし方も違うので、髪型や使う髪飾りも変わってきます。

自慢の我が子に合う髪飾りを探すのも楽しみの一つですよね。

高価なものからお手軽に用意できるものまで様々あります。手作りしてみるのも忘れられない思い出の1ページになることでしょう。

たくさんある髪飾りの中から、大切なお子さんにに合う髪飾りを探してみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す