スポンサードリンク

ハロウィンで盛り上がる!割るとお菓子が出てくるピニャータって?

85c041752e0c9f01de9fe71bcafa055e_s

割ると中からお菓子が出てくる、ピニャータというゲームをご存じでしょうか?

ハロウィンで盛り上がるゲームとして人気ですが「準備の仕方や遊び方がよくわからない」という人も多いようです。

そこで今回は、ピニャータの作り方や遊び方を紹介していきます。

ハロウィンで盛り上がるゲームについてもまとめましたので、合わせてチェックしてくださいね。

スポンサードリンク


ピニャータとは?

ed51e597f44226c771b498ba360629f1_s

ピニャータは、メキシコ発祥のゲームです。
諸説ありますが、悪魔祓いをする宗教的にな意味合いを、ゲームに取り入れたことが始まりだといわれています。

ピニャータがかわいい物に化けた悪魔で、それを叩き割ることで、子どもの成長を祈ると考えられるようになりました。

メキシコではハロウィンだけでなく、お誕生日会やクリスマスなどのイベントでピニャータが登場するそうです。
それが全世界に広まり、子どもたちが楽しむイベントの目玉として親しまれるようになりました。

叩き割るというのは少し乱暴なイメージがあるかもしれませんが、叩き壊すことで悪いものを追い払うことができるという意味があります。
最近は日本でもピニャータをハロウィンやクリスマス、女子会などのイベントで楽しむ人が増えてきました。
手作りできるというところも、人気の秘密だといえます。

作り方

02ff49ea649c372fbfec90989018459a_s

それではピニャータの作り方を紹介します。
動画も参考にしてください。

【材料】
・風船
・小麦粉2カップ
・ホウ酸少量
・水3カップ
・新聞紙 または半紙
・ひも または毛糸
・マスキングテープ
・色紙や色画用紙やシールなど
【作り方】
1 小麦粉とホウ酸、水を混ぜた小麦粉をのりを
作り風船に塗り紙を貼りつける
※完全にかわかしてから二層目を作る
2 二層目の上にひもでしばって
マスキングテープで外れないように止める
3 三層目4層目を貼り付ける
4 4層目が乾いたら色紙や色画用紙、
シールなどを貼って飾り付けたり、絵の具で
色を塗ったりして飾り付けをする
5 中の風船を割って空洞にする

それぞれの層を作った時にしっかり乾かさないと、固まらないので風船を割った時に形が変わってしまうので、天日干しするなどして完全に乾かします。

小麦粉のりの代わりに水にボンドを溶かしたボンド液を使ってもよいでしょう。
風船の代わりにビニールボールを使うのもおすすめです。

遊び方

b38169d0d961dfcc5e487d4a66ab4bdf_s

出来上がったピニャータは、イベントまで飾りとして飾っておきましょう。。
その中にあらかじめ、子どもたちの好きなお菓子をたくさん入れておきましょう。
それでは遊び方をご紹介します。

子どもたちは、順番がきたら目隠しをします。
どこにぶら下がっているかわからないピニャータを、棒を使って探し当てます。
見つけたら思いっきり叩きましょう。

割れるまで何度も交代して叩きます。

ピニャータが割れ、中からお菓子が飛び出してきたら一斉に拾いましょう。
シンプルなゲームですが、夏の定番のスイカ割りに似ていて、当たるか当たらないか、いつ割れるか割れないか、というドキドキ感をたのしめるでしょう。

ピニャータに入れるおすすめのお菓子は?

7d24ed03a8318d2046f9e826e86e48ec_s

色々なお菓子があるので何を入れたらいいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか?
ピニャータに入れるのは、一つひとつ個包装されたキャンディやソフトキャンディ、マシュマロ、グミ、などの小さなサイズのお菓子がおすすめです。

また、子どもたちの好きそうな小さな文房具やスーパーボールなどもおすすめアイテムです。
お菓子ではなくても、ピニャータの中に入るサイズで壊れないものであれば何でもいいでしょう。
何が入っているのかわからないのも楽しみの一つです。

ほかにもハロウィンで盛り上がるゲームは?

590d11559c523e3178bb3e68ea2b2319_s

盛り上がるのはピニャータだけではありません。
次は、ハロウィンイベントで盛り上がること間違いなしの、海外でも人気のゲームを紹介します。

1:目玉リレー

d18a88fd06a957cd11187212ea147cdd_s

目玉リレーに使う道具は、ピンポン玉と、ピンポン玉を乗せられるサイズのスプーンです。

ピンポン玉がなければ、ピンポン玉くらい大きさの玉を用意しましょう。
次にスタートとゴールを決めます。
スプーンに玉を乗せ、スタートからゴールまで落とさずに誰が一番早くゴールするかを競います。
落ちてしまったらそこからまたスタートです。
落とさずに行けるかみんなでドキドキ感を味わえるゲームです。
個人戦にするならタイムを競ったり、いくつも準備できるなら一斉にスタートするのもいいでしょう。
リレー形式にしてチーム戦を楽しむのもおすすめです

2:マミーラップ

6a2f55ec68093833663b781336e5e3aa_s

マミーラップで準備する物は、トイレットペーパーと、くっつけるためのテープのみです。

2人1組で、トイレットペーパーを使って、1人はトイレットペーパーを巻きつける役で、もう1人はミイラ役になりきってもらいトイレットペーパーを体に巻きつけてもらいます。

早く綺麗に、本物に近いミイラを作ったチームの勝ちです。
3人のチームを作る場合は1人が巻きつける役、1人はミイラ役、1人はテープでくっつける役と分担する方法もあります。

出来上がったミイラの感想を言い合って盛り上がりましょう。
子どもならかわいいミイラが、大人ならどれだけ本物に近いミイラが出来上がるか競いましょうす。

トイレットペーパーは多めに準備する必要があります。

3:ハロウィンボーリング

f27116a2a5c2a2c0fa00a9cf8c5e5110_s

アメリカで人気なのは、家の中にあるものを飾り付けボーリングのピンにしてボーリングをする、ハロウィンボーリングです。

家の中でどれがピンになりそうかを探し回るのも楽しみのひとです。
子ども自身で飾りつけできるのもいいですね。ハロウィンらしいピンを手作りすることに夢中になりそうなゲームです。

パーティーの中で飾り付けをしたり、当日までに飾り付けをして持ち寄ったり、クリスマスのアドベントカレンダーのように毎日一つずつ作ってハロウィンを楽しみに待つのもいいでしょう。

イベントタイムまでお部屋の飾りのアクセントにしたりと楽しみ方がたくさんあるゲームです。

4:アップルボビング

91568ca443ff42450879d9383d94aaf8_s

アップルボビングは、身近な食べ物を使うゲーゲームです。
水を入れた容器の中に、りんごをいくつか浮かべ、順番に1人ずつ手を使わずに口だけでりんごをゲットします。
子どもの口より大きなりんごをどう口でゲットするのか見ものです。

ハロウィンの時期はりんごの収穫の季節であり、聖書にもよく出てくる果物なので、元々神聖な果物とされています。
また悪霊は聖なる水を怖れると言い伝えられてています。
聖水に聖なる果物を浮かべるアップルボビングは、魔除けとなる縁起のいいものとして、ピニャータと同じくハロウィン定番のゲームです。

5:宝探し

dfd19da3f6f57b1f57f131f69720a298_s

小さなお子さんも楽しめるのが宝探しです。

部屋のあちこちに、お菓子やハロウィンにちなんだカードを隠し、「よーいドン!」で、子どもたちが一斉に探しに行きます。

また隠す方も「ここは見つけられないだろう」と考えながら、準備も楽しめます。

ハロウィンにちなんだカードには、裏に子どもの好きなデザートなどを書いて、あとで食べたりするといいでしょう。

まとめ

4ecfdf7bbfe8111b06e4792aa916bbc6_s

今回、ご紹介したピニャータは手作りしてお呼ばれしたパーティーに持っていったら喜ばれるサプライズプレゼントになるでしょう。
家族や友人みんなで様々なイベントを楽しみ、思い出の1ページをぜひ作って、これからも
みんなで過ごす時間を大切にしてください。

スポンサードリンク


コメントを残す