スポンサードリンク

幼児のタブレット学習にオススメの人気教材って?

13601d859a1b1dbbd12e015579a1bd1b_s

幼児期の学習スタイルとして注目を集めているのが、タブレット学習です。

これまでの紙の問題集や塾とは、どのように違うのか気になっている人も多いのではないでしょうか?
紙の教材や塾での勉強とは違うタブレット学習とはどのようなものなのでしょうか?

ここでは、タブレット学習のメリットや、教材を選ぶポイントをまとめました。

スポンサードリンク



タブレット学習のメリットとは

aa564d79f665f73d08f5cf73fe8b3002_s

それでは、タブレット学習のメリットをみてみましょう。

メリット1:何度もできる

紙の教材は、一度問題を解いたらそれで終わり。
もう一度解くには消しゴムで消さなくではいけません。

タブレット教材であれば、消しゴムで消す手間がなく、何度も問題に挑戦できます。
きちんと理解するまで、繰り返し同じ問題に取り組めるのです。

幼児期の子どもは、遊びでも気に入ったものを繰り返し行う傾向があるのでピッタリでしょう。

メリット2:ゲーム感覚で学習できる

タブレット学習は、ゲーム感覚で楽しく学習をサポートします。

画面の色使いや音声は、グッと子どもの興味を惹きつけます。
楽しく学習することで、自発的に勉強する習慣も身につくでしょう。

メリット3:教材がかさばらない

紙の問題集は、教材がどんどんたまってしまいます。
収納に困るという家庭も多いでしょう。

タブレット学習は、教材がタブレットひとつなので、場所をとりません

学習の準備や片づけも子どもが一人でできます。

メリット4:すぐにフィードバックされる

タブレット学習は、自動で採点できるのが魅力です。
紙の教材だと、文字の書き順などは親がつきっきりで見ていなければ間違いがわかりません。

タブレット学習であれば、自動的に採点されるので、親がつきっきりにならずにすみます。

幼児のタブレット学習で気をつけることは?

db8312f2f5c492fe7affe56fa04b516f_s

タブレット学習には、専用のタブレットを使うタイプと、手持ちのタブレットにダウンロードするタイプがあります。

それぞれの特徴を理解して、家庭のスタイルや子どもに合わせて選びましょう。

【専用タブレットの特徴】

  • 子どもが学習しやすいように設計されている。
  • インターネットへのアクセスが制限できるので安心
  • 専用タブレットを準備する必要がある

【手持ちのタブレッドの特徴】

  • 新たにタブレットを用意する必要がない
  • インターネットの閲覧など、親が管理する必要がある

長時間のタブレットの使用は、視力の低下につながる恐れもあります。
学習を開始したら、終了の時間を決めて行う必要があるでしょう。

教材自体に、終了を促す機能がついていることもあるので、確認しておくと安心ですね。

幼児用タブレット学習教材を選ぶポイント

ccf66052510eb5ab31823c4f2f8f86df_s

タブレット学習の教材を選ぶポイントをチェックしていきましょう。

1:子どもの学習意欲に合ったものを選ぶ

幼児期にはじめるタブレット学習は、遊ぶような感覚で始められる教材がいいでしょう。
反対に子どもの学習意欲が高ければ、本格的な問題に挑戦できる教材がオススメです。

「使ってみなければわからないし…」と不安な場合は、返金制度があるタブレット教材を利用しするのも一つの方法です。

2:コンテンツを選べる教材がある

子どもに何を学習させたいかによって、1コンテンツずつ料金が加算される教材があります。
不要な教科を外せは費用も抑えられます。

反対に最初からセットで、お得になっている教材もあります。
比較して検討しましょう。

幼児にオススメのタブレット学習教材

6f21cfcd051b9c6d58e0383601ee1727_s

それでは、オススメのタブレット学習教材を紹介します。

1:スマイルゼミ

 

スマイルゼミは、専用タブレットを使って学習します。

「きょうのミッション」で、今日何を取り組むのかを教えてくれるので、幼児でも自主的に勉強習慣が身につくでしょう。

子どもの頑張りを応援するスタンプや手書きのメッセージで、やる気も高まります。
三角の持ち手が特徴的な専用の持ちペンで、正しいペンの持ち方を習得できるでしょう。

>>スマイルゼミの公式ページはこちら<<

2:RISUきっず

 

RISUキッズは、専用タブレットを使って学習する、算数に特化した教材です。
問題に苦戦したら、現役東大生のチューターが、ヒントを動画で教えてくれ、正解したら褒めてくれます。

幼児用の問題をクリアーしたら、小学生用の問題にも取り組めて、小学生から中学生へと、先取り学習がどんどんできる仕組みも魅力的です。

子どもの「もっと勉強したい」という探究心をどんどん育め、知的好奇心を満たしてくれるでしょう。

>>RISUキッズの公式サイトはこちら<<

3:学研ゼミ

 

手持ちのタブレットやパソコンで学習できます。
親のスマホで「何時何分に学習を始めました」と確認できるので、子どもの学習管理もしやすいでしょう。

月額500円なのでお手軽に始められ、子どもにあった教材を選べます。
「もじ・ことば・かず・ちえ」と、幼児に必要な学習が楽しくできる工夫もたくさんです。

>>学研ゼミの公式ページはこちら<<

まとめ:タブレット学習は学習習慣を身につけるのに最適!

4ef1dd0e9db832872556e708aec49ec3_s

紙の学習教材や塾にはない魅力が、たくさんあるタブレット学習。
タブレット学習は、幼児期の子どもに学習習慣を身につけるのにオススメです。

ここで紹介した教材も参考にしながら、子どもの性格や家庭のスタイルに合ったものを選んでくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す