スポンサードリンク

歯磨きを嫌がる赤ちゃんにオススメの便利グッズ5選!磨き方のポイントは?



赤ちゃんの歯が生えてくると、ママがまず気になるのは虫歯ですよね。

全力で嫌がりうまく磨けず、頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。

「ほかのママはどんな風に工夫しているの?」
「磨き方のポイントは?」と、気になりますよね。

この記事では、歯磨きの仕方やオススメ便利グッズなど、赤ちゃんの歯磨きの疑問を分かりやすく解説していきます。

スポンサードリンク



赤ちゃんの歯磨きに悩むママは多い!先輩ママの体験談



先輩ママのなかにも、子どもの歯磨きに手こずった経験があるという人はたくさんいます。

実際の体験談をみていきましょう。

 

 

 

 

このように、程度の差はあっても、歯磨きを嫌がる子どもに手を焼いているというママは多いようです。

赤ちゃんの歯磨きはいつから必要?



赤ちゃんの歯は、だいたい6ヶ月から順番に生え始めます。

その時期が、歯磨きを始めるベストタイミングといえるでしょう。

離乳食を5ヵ月から食べ始める子もいますが、その時にはまだ歯が生えていないため、食後に口の中をガーゼで拭くなどして対処します。

目安としては、6ヶ月〜1歳頃からスタートするようにしましょう。

歯磨き粉は使った方がいい?



歯磨き粉は必ず必要というわけではありません。

歯磨き粉の用途は、歯の汚れを落とすことです。
赤ちゃんは母乳やミルクの授乳がメインなので、ほとんどの汚れを歯ブラシのみで落とすことができます。

離乳食の場合でもブラッシングするだけで十分。
歯磨き粉は使わなくても大丈夫です。

歯の汚れが気になったり、しっかりとご飯を食べるようになる1歳ころには、歯磨き粉を使う準備をしましょう。

赤ちゃんの歯磨き便利グッズ5選



しっかり歯磨きをしたいけど、泣かれるとつい歯磨きが中途半端になってしまいますよね。
可哀想に思い、心が折れてしまうこともあるでしょう。

ここでは、赤ちゃんもママも歯磨きの時間が苦痛にならないための、歯磨き便利グッズを紹介します。

楽しい気持ちで歯磨きの時間を過ごすことができればストレスを感じることもなくなるはずです。

1:ピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ



メッシュ素材で表面が凸凹しているため、ふき取るだけで汚れをとることができます。

お出かけ先でもサッとお手入れが可能なのでとても便利です。

1枚ずつ滅菌包装しているので衛生面でも安心。
お口の中をスッキリ清潔にしてくれます。

>>詳細はこちら<<

2:KJC エジソンママ (EDISONMAMA) はじめて使う歯ブラシ



歯が生え始めたころにオススメの歯ブラシです。
可愛いリンゴの形をしたシリコン歯ブラシなので、歯茎で噛んでも痛くありません。

自分で持ちやすいので、歯ブラシになれる練習にもなります。

赤ちゃんが、万が一その辺においてしまっても大丈夫。
先端部分が底につかないようになっているので衛生的です。

>>詳細はこちら<<

3:コンビ COMBI テテオ TETEO はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット



STEP1は、歯が生え始めた赤ちゃん専用の歯ブラシ。
自分で握り歯磨き練習の第一歩にオススメです。

STEP2は、前歯そろい始めた時期専用歯ブラシ。
長い毛先で、歯磨きの刺激に慣れさせます。

STEP3は、奥歯がでてきたら、奥までしっかりと磨く練習をします。

仕上げ歯磨きと同じブラシを使用しているので、そのまま仕上げすることが可能です。

1~3までがセットになっているため、これ1つで歯磨きトレーニングができます。

>>詳細はこちら<<

4:クリアクリーンキッズ ハブラシ



赤ちゃんが自分で持つトレーニング用と、仕上げ磨き用の2本セット。

トレーニング用には、のどに突き刺さらないように防止プレートが付いているため、安心して毎日の習慣づけができます。

赤ちゃんの歯の形状に合わせて設計してあるので、磨きやすさバッチリです。

>>詳細はこちら<<

5:AIDEE こども用LED付電動歯ブラシ



0歳から使用できます。
赤ちゃんの歯を、LEDの光で照らしながら磨ける電動歯ブラシです。

ヘッドが最小サイズで、柔らかく優しい毛先を使用しているので、赤ちゃんにも安心して使えます。

また、小さな赤ちゃんの歯の細かい部分も届きやすいです。

30秒ごとに振動でお知らせしてくれるので、磨いている時間がすぐに分かり便利。

>>詳細はこちら<<

磨き方のポイント



歯磨きが大切だということは分かっているけど、なかなかコツがつかめず、進め方がわからないと悩んでいる方へ。

磨き方のポイントをおさえて、実践してみましょう。

1:歯を磨く時の体勢

赤ちゃんの場合、授乳するときと同じ体勢で歯を磨いてあげるといいでしょう。

赤ちゃんが安心する体勢で歯を磨くことで、すんなり磨かせてくれる場合があります。

また、授乳クッションに寝かせながら磨くのもオススメです。
赤ちゃんのお気に入りの体勢だとリラックスできます。

2:歯磨きは2本用意する

赤ちゃんは好奇心が旺盛なため、何でも口にいれて噛んでしまい、歯ブラシがすぐダメになってしまいます。

傷んだ歯ブラシを使うと歯茎を傷つける原因にもなるので注意が必要です。

赤ちゃんが自分で持つ用と、ママが仕上げ磨きをする用の2つを用意すれば、歯茎を傷つける心配もありません。

3:優しく磨く

赤ちゃんの歯はとても小さく傷つきやすいです。

歯ブラシの毛先を優しく当てるように磨きましょう。
細かく振動させるようなイメージです。

磨く時間の目安は、1つの歯に対し5秒くらい
と覚えておいてください。

4:歯磨きを楽しい時間に

歯磨きをするとなると、どうしても真剣になってしまいがちですが、赤ちゃんが恐怖を感じる時間にならないよう気をつけましょう。

初めは遊びながらでも大丈夫です。
例えば…

  • 赤ちゃんが好きなおもちゃを持たせる
  • 赤ちゃんが好きな音楽を流す
  • 歌いながら磨く

など、楽しい空間作りが大切です。
上手に磨けたときには、笑顔で褒めてあげてくださいね。

歯を磨き終えた後、赤ちゃんはうがいができないのでガーゼで口の中を拭くか、白湯を飲ませるなどして清潔にしてあげましょう。

赤ちゃんが嫌がるときはどうしたらいいの?



では、嫌がる赤ちゃんの歯を磨くにはどうしたらいいのでしょうか。

そんなときに、無理に磨くのはNGです。
ママは、きちんと磨かないと…と敏感になってしまいますよね。

気持ちはとても分かります。
しかし、泣き叫び嫌がっているところを押さえつけて無理に磨こうとすると、歯磨きがトラウマになり悪循環です。

あまり歯磨きの時間が長いと余計に嫌がってしまうため、その場は諦めて機嫌のいいときに再挑戦しましょう。

ちょっとずつ磨いてはやめを繰り返し、回数を増やしていく作戦です。

1度に全部磨き終わらなければ、数日かけて全部の歯を磨き終えても大丈夫です。

その他に、いつもとは違うパターンで歯を磨く順番を変える・歯磨きの時間帯を変えるなど、気分を変える作戦も有効ですよ。

まとめ:赤ちゃんの歯磨きはあせらず習慣づけることが大切!



ママの共通の悩みでもある歯磨きですが、思い通りにならないことの方が多いですよね。

普段から遊びの中で歯ブラシを持たせて慣れさせておくといいでしょう。

お互いに歯磨き=嫌な時間にならないよう歯磨きのポイントを参考にしてくださいね。
みてくださいね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す