スポンサードリンク

妊娠中にオススメの腹帯は?寝るときはつけるべき?



妊娠したら揃えたいアイテムの1つに腹帯があります。

さまざまな種類がある腹帯ですが、自分にぴったりな腹帯を用意しておくことで、妊娠経過にあわせながら長期的に使うことができるでしょう。

そこで今回は、腹帯のタイプ別の特徴やオススメ商品についてまとめました。

スポンサードリンク



腹帯って必要?



妊娠5ヶ月目の戌の日から腹帯を巻くという風習を耳にしたことのある方も多いでしょう。

これは、日本特有の風習で、多胎で安産な犬にあやかって安産祈願の儀式として取り入れられているものです。

お守りのイメージが強い腹帯ですが、妊娠生活を支えるマタニティアイテムの1つとして活躍するんですよ。

腹帯のメリット

腹帯を巻くことで、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット1:重たくなってきたお腹を支える

妊娠してからは、赤ちゃんの成長にあわせてママのお腹はどんどん大きくなっていきます。

そんなときに腹帯があれば、お腹をカバーして支えるので安心して過ごせます。

メリット2:冷えからお腹を守る

妊娠中の冷えは禁物です。
下着や肌着でカバーされていないお腹まわりは案外冷えています。

夏場でもクーラーが効いていると体が冷えるため、季節問わず腹帯を巻くことで、気になる冷えからお腹まわりを守る役割もあるのです。

腹帯のデメリット

続いて、デメリットを見ていきましょう。

デメリット1:血行不良の可能性も

腹帯をきつく締め過ぎると、子宮内の血行が悪くなり、胎児に影響を与える可能性があります。

また血液循環が悪くなると、足のむくみ静脈瘤を引き起こすこともあるのです。

腹帯を推奨していない医師もいるので、担当医に相談してもいいでしょう。

デメリット2:「安産」に医学的根拠はない

腹帯は、安産祈願で着用しますが、「腹帯を身につけているから安産になる」という医学的根拠はありません。

「安産のために!」とムリして着用して、体に負担をかけないようにしましょう。

腹帯っていつからつけるの?



腹帯は妊娠5ヶ月目の戌の日から着用し始めるのが一般的ですが、お腹をカバーするために使用するのであれば、とくに時期を気にする必要はありません。

妊娠初期から腹巻の代用品として購入しているママもいるので、その都度目的に合わせてそろえましょう。

寝るときはつけるべき?

腹帯は、必ずしも寝るときにつける必要はありません。

腹帯が苦しくてなかなか寝つけないという場合は、外した方がいいでしょう。
いっぽうで、睡眠時に冷えが気になるママは腹帯をしていた方が安心です。

睡眠を妨げるようであれば、ムリせず体調と相談しながら着用しましょう。

腹帯の種類とオスメの商品



最近では、多種多様な腹帯が店頭に並んでいるので、どんなものが自分に合っているのか悩んでしまう方もいるでしょう。

ここでは、タイプ別の特徴やオススメ商品を紹介します。

1:さらしタイプ

腹帯と言えば、さらしタイプをイメージしている方が多いのではないでしょうか?

さらしタイプは、1枚の白く長い布をお腹に巻きつけて使用します

慣れないうちは、うまく巻けずにゆるかったり苦しかったりと、苦戦する人もいますが、なれると巻き加減を調節ができるので、妊娠初期からお腹が大きくなる後期まで長く使えるでしょう。

さらしタイプのオススメ腹帯:犬印本舗 岩田帯



肌に優しい国産綿100%の素材を使用しています。
安産のシンボルである犬や鶴、亀のデザインが帯にあしらわれているのも特徴的です。

>>詳細はこちら<<

2:腹巻タイプ

妊娠初期から、お腹が大きく目立つ安定期までにオススメなのが、腹巻タイプです。

伸縮性のある素材を選ぶと、お腹の大きさにフィットするので締め付けを感じにくくなるでしょう。
夜寝るときにお腹が出て気になる方は、腹巻タイプを着用することで冷えから守ってくれますよ。

妊娠中は汗をかきやすいので、吸水性に長けている素材を選ぶのがいいでしょう。

腹巻タイプのオススメ腹帯:ワコール マタニティ妊婦帯



伸縮性に優れているので、妊娠初期から臨月まで使えます。
洗濯ネット使用で、ご自宅でも洗濯が可能です。

>>詳細はこちら<<

3:ガードルタイプ

お腹をしっかり支えたい人にオススメなのがガードルタイプです。

ショーツとガードルが一体化している商品もあるので、重ねばきが苦手な人は1枚履きできるタイプを選ぶといいでしょう。

ガードルタイプのオススメ腹帯:ピジョン 助産師さんと考えた妊婦帯ガードル



ウエストの縫い代を外側にしているので、敏感肌になりがちな妊婦さんにオススメのアイテムです。
2本のクロスベルトがショーツについているので、しっかりとお腹をサポートします。

>>詳細はこちら<<

4:骨盤ベルトタイプ

「骨盤のサポートに重点を置きたい」というママたちから支持されているのが骨盤ベルトタイプです。

妊娠中は、骨盤が緩んでくるので、足の付け根の痛みや恥骨痛、腰痛に悩まされるママがたくさんいます。
骨盤ベルトを巻くことで、そういった痛みを緩和できるでしょう。

産後も産褥ベルトとして使用できるので、出産で広がった骨盤を元に戻すために引き続き使っている方も多いですよ。

骨盤ベルトタイプのオススメ腹帯:青葉 トコちゃんベルト2



病院でも販売されているほど、骨盤ケアの代表アイテムです。
ベルトで骨盤を前から後ろに寄せるので、ゆがんだ骨盤を整えて、腰回りの痛みや尿漏れなどの不安を解消する効果が期待できます

妊娠していない方も、腰のサポートベルトとして使用しているので、長期的にママを支えてくれるアイテムです。

>>詳細はこちら<<

腹帯をつけるときに注意することって?

妊娠初期から後期にかけて、ママのお腹はどんどん大きくなっていきます。

初期に買った腹帯は、お腹が大きくなり始める安定期を過ぎると、きつく感じるかもしれません。

サイズが合っていない腹帯を使用していると、お腹を圧迫してさまざまなトラブルにつながる可能性があるので、お腹の大きさにあった腹帯を使いましょう。

まとめ:妊娠中の腹帯は体調に合わせて使おう!

妊娠してから約10ヶ月間は、お腹だけでなくママの体調や体質も変化していきます。
腹帯を巻くことで、マイナートラブルからママをサポートできるでしょう。

目的に合わせて、お気に入りの腹帯を見つけてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す